teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:3/508 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

面白かったですたい(笑)

 投稿者:左門豊作  投稿日:2013年11月12日(火)02時33分48秒
  通報
   昭和野球が好きな私にとってはとても興味深いサイトでした。私は野球王国(?)四国の人間です。三原、水原、牧野、中西、近藤昭、中塚ってのが讃岐(香川)が生んだ野球人ベスト6ってところでしょうか。特に三原脩さんが好きで、立石泰則さんの書いた分厚いノンフィクション・『魔術師~三原脩と西鉄ライオンズ』を大枚はたいて購入し、貪るように読んだりしました。そういえば誰かが言ってましたが、巨人の野球は四国の野球だってことを・・・草創期の巨人の監督は殆どが四国出身の監督(藤本、三原、水原)だったということを・・・。しかし私は小さい頃は熱狂的巨人ファンでしたが、江川事件以来、急速に熱が冷め、気がつくと贔屓の球団はなく、只管巨人が負けることを楽しみにしているという屈折した野球ファンに成り下がってしまいました(笑)。
 何を隠そう、私の生まれたのは昭和34年6月25日の夜なんです。そう、あの伝説の天来試合で長嶋が村山からグッバイホームラン(笑)を打って一時間後に生まれたそうです。だから小学校から高校まで熱狂的なミスター信者でしたが、大学入学と同時に江川事件があって、『なんじゃこれ!』って思い、その後は西武が台頭し、なんぼやっても巨人が西武に勝てないあの時代は快哉を叫んだほどでした。そういえば、当時の巨人の監督も四国出身の藤田さんでした。
 そんな私が一番思い出に残っているのが、1978年の『阪急対ヤクルト』の日本シリーズです。王者阪急に死角なしっていわれ、圧倒的有利とされてましたが、私は広岡監督が好きだったのでヤクルトに賭けてました(大学の先輩と一万円)。阪急はストッパーの山口高志がいないし、山田は日本シリーズでは、そんなに結果を残せてない、打撃面でも若松、大杉、チャック・マニエル(この赤鬼は好きでした)を擁したヤクルトに分があると信じてました。そして、決戦の第7戦の後楽園で、あの事件が起こりました。あの大杉のホームランはどう見てもファール(それも明らかな)。最初は5分程度の抗議で終わると思ってたら、1時間19分という異様に長い抗議になり、終にはコミッショナーまで出てくる始末になって、二人の生々しい会話が聞こえてきて、19歳だった私も、大人でもこんな生臭い会話をするんだと驚きました。そういえば、上田監督も四国の出身でした(爆)。
 このサイトを見てると、あの青春の日?がフラッシュバックしてしまい、懐かしくて書き込みをした次第です。

 もうひとつ面白かったのは、メジャーリーグのホットドッグの話です。急にドジャースタジアムのホットドッグが食べたくなってきました。
 東京ドームでは全てにおいて価格が高かった記憶しかありません。ポークカレーが900円で、ビールが細長い紙コップで800円・・・甲子園のカレーは500円だったのに・・・って恨み節が出てきました。その甲子園も聖地ぶってますけど、顧客満足度はお世辞にも高いとはいえません。阪神電車に乗せようという企みが丸出しで、近所には駐車場が全くなく、普通の家庭がべらぼうな金額で車で来た客に貸しています。まあロスと甲子園を同じ土俵で語ることは出来ませんが・・・それでも2万台の駐車場とは凄いですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:3/508 《前のページ | 次のページ》
/508